my Favorites photo

言葉に出来ない、言葉にしきれない、感動の瞬間を逃したらもう出会えない,そんな思いこみ写真

秋の扇  

その他 |



秋扇1-2

秋の扇

「秋」の音が「飽き」に通ずるということから、古くは男女の
情が覚めてゆくことに「秋」の凋落の感じをダブらせて表現されました
平清盛ははじめ白拍子の妓王を寵愛していたが
仏御前の出現によって情を移し、妓王を追放してしまいます
そのとき、妓王が障子に書き残した歌は・・・
「萌えいづるも枯るるも同じ野辺の草いづれか秋にあはではつべき」だった
「あなたも同じ運命なのよ」という警告の意をこめたもので
平家物語の中でも女心の悲しさを感じさせる一コマです
「アキ」の音には関係はないですが、同じようなことが中国にもあります
こちらは、夏のうちに重宝がられたが、秋風とともに棄ててかえりみられない
扇に例えて「秋扇(しゅうせん)」といいました
漢の成帝の寵愛を受けた班婕妤(はんしょうよ)が、趙飛燕(ちょうひえん)の
出現で見捨てられ、「怨歌行(えんかこう)」といううらみの詩を作った中に
わが身を秋扇にたとえたのがそのおこり、今では少しでも有名な夫婦の間に
秋風が立ったりすると、週刊誌やテレビの記者に追いかけられますね

ふっとあなたのことを思い出して
思い出したことに少し驚く
もうひとときも離れられないと
思ったことも    あったのに・・・・・・


秋扇1-1

秋扇1



画像掲示板の課題 

9月の課題は・・・「秋の始まり~」
課題は~
もちろん写真なら何でも構いませんが、初秋を感じさせるものなら何でもOK・・。


投稿はここから→課題・画像掲示板
 

今月最後の31日にまた手術前検査があって、9月2日に手術をしますので、また皆様とはしばらくご無沙汰します・・よろしくです



スポンサーサイト
20:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit