my Favorites photo

言葉に出来ない、言葉にしきれない、感動の瞬間を逃したらもう出会えない,そんな思いこみ写真

もみじあおい 

 |




もみじあおい


学名 Hibiscus coccineus アオイ科フヨウ属 原産地 北アメリカ
別名 紅蜀葵(コウショッキ)
北アメリカ東南部の湿地を故郷とするハイビスカスと同属の植物
紅蜀葵(こうしょっき)とも呼ばれます
冬は地上部が枯れて根の状態で越し、毎年花を咲かせる宿根草で
草丈は2mにもなる大型の草花です。
主な開花期は夏、5枚の花びらを持ち大きさは径15cm~20cm
色は鮮やかな緋色、表面に光沢があります
花びらの幅はやや細くて重なりません
朝咲いてその日の夕方にはしぼんでしまう短命な花
蕾が数付いてシーズン中は休みなく次々と咲きます
葉は大きく5つに裂け(正確には3裂~7裂くらいまで差がある)
線の細いモミジ(カエデ)のような姿で、モミジアオイの名前が付きました








画像掲示板の課題 

8月の課題も・・・「風、光、影~」
8月の課題は~
もちろん写真なら何でも構いませんが、8月も7月と同じ課題で(課題延長します)・・。


投稿はここから→課題・画像掲示板
 


スポンサーサイト
20:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit