my Favorites photo

ARTICLE PAGE

葛の花

author photo

Byぱふぱふ(pafu)

-




葛の花

学名 Pueraria lobata マメ科 クズ属
属名の Pueraria はスイスの植物学者「プエラリ(Marc.N.Puerari)」の名から
種小名の lobata は「浅く裂けた」という意味だそうです
分布は、北海道から九州 朝鮮半島、台湾、中国
フィリピン、インドネシア、ニューギニアなど
秋の七草の1つで、万葉の時代から愛されてきた花で、紫色の美しい花を咲かせます
しかし、万葉の人々が愛したのは、花ではなくてどこまでも蔓をのばして
繁殖してゆくその生命力だったそうです
「~真田葛(まくず)延(は)ふ 夏野の繁く かく恋ひば まことわが命
常ならめやも~(よみ人しらず)」万葉集から
ところが平安時代になると、人々は葉の方を見るようになり
葛の葉は裏が白っぽく、風に翻って、その白さが見え隠れするようすは
心憑かれるものだったそうです・・そこから別名 裏見草(うらみぐさ)と呼ばれ
「裏見」を恋の「怨み」にかけて詠んだ歌も多くあります
また大和吉野国栖(くず)の人々は、肥大した根からは葛粉をとり
京の都に売りに来たことからこの名が生まれたそうです
葛粉は葛切りや葛餅などの原料となり、根を干したものを
生薬で葛根(かっこん)といい、発汗・解熱剤とされます
俳句の季語は秋
「葛の花むかしの恋は山河こえ」 鷹羽狩行
「わが行けば露とびかかる葛の花」 橋本多佳子












画像掲示板の課題 

8月の課題も・・・「風、光、影~」
8月の課題は~
もちろん写真なら何でも構いませんが、8月も7月と同じ課題で(課題延長します)・・。


投稿はここから→課題・画像掲示板
 

スポンサーサイト
Share