my Favorites photo

言葉に出来ない、言葉にしきれない、感動の瞬間を逃したらもう出会えない,そんな思いこみ写真

合歓の木の花 

 |





合歓の木の花

学名 Albizia julibrissin マメ科 ネムノキ属
属名の Albizia はヨーロッパにこの属を紹介した
イタリアの自然科学者「アルビッツィ(F. D. Albizzi)」の名から
種小名の julibrissin はインドでの呼び名から
日本では、東北以南の山地や川のほとりなどに自生しています
和名の由来は、夕方になると葉が合わさって閉じてしまう様子をたとえたもの
若葉は緑肥としてサトイモ畑にしようもされたそうですは
樹皮や葉は生薬の合歓(ごうかん)、合歓皮(ごうかんひ)と呼び
利尿、強壮、鎮痛などの薬効があります
材は柔らかく粘り強いので、屋根板や農具の柄に使われたそうです
淡い紅色の花が枝先に十数個集まって咲き、長く伸びた糸状のものは雄しべ

俳句では「合歓の花」夏の季語
「いなづまに白しと思ふ合歓の花」 軽部烏頭子
「合歓咲くと川より早く歩きおり」 宮坂静生
「合歓咲いて白猫のゐる十二橋」 石原八束























画像掲示板の課題 

梅雨に入るとお出かけには空模様が気になるね
6月の課題は・・・「雨・雫・水滴など~」


この季節、嫌でも雨と切り離せない写真が多くなると思いますので、雨を感じさせる写真を・・
もちろん写真なら何でも構いません、課題にこだわれる方は課題を・・。



課題・画像掲示板
 


スポンサーサイト
20:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit