走馬灯のように



私に目を止めてくれたあなた・・ありがとう

話せばながいのですが・・私は生まれ変わる時に

日頃の慌てん棒の性格が災いして

うっかりと花の扉を開けてしまったんです~

ほんとうはね・猫になりたくて猫の扉開きたかったの

だから花になっても何とかその思いを残そうと

走馬灯のように猫のシルエットを~・・

今度生まれ変わる時はもう間違えないようにするの・・

もし猫になれたら背中に花柄を残すからまた見つけてね

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント