5月31日 ゴデチア





5月31日 ゴデチア

聞きなれない名前の花で、メモしておいたのをなくしてしまった

すっかり花のことを忘れていたのが咲いた、スイスの植物学者シャルル・ゴーテに

由来する名前だと花屋さんに教えてもらう~サテンのような風合いが良くて買った

英名 サテンフラワー 和名 イロマツヨイグサ・・繊細な花でぬれるとすぐ痛んでしまう





「スプーン一杯の魔法」

淋しさを恥じない

「愛されたい」と 

願わない人はいないのだから

明日から六月 

いつもご覧いただき、ありがとうございます・これからも、よろしく


スポンサーサイト

5月30日 カルミア





5月30日 カルミア

洋菓子のような花、白色赤色ピンク色そして模様柄など種類が多い

植物園で初めて見たときは感動した・・チョコレート菓子のようだって

最近では個人のお宅にも見かけるようになった





「スプーン一杯の魔法」

散歩の途中に広い芝生の家がある

その庭に真っ白なシーツが干してある

少し風が吹いてシーツがはためく

青空一杯にはためく姿は 

小さな幸せ感がある

狭い我が庭ではできない光景に

うらやましいなって思う

五月も最終週です 

いつもご覧いただき、ありがとうございます・これからも、よろしく


5月29日 クレマチス





5月29日 クレマチス

一番花が咲いて、しばらく蕾のままだった花がようやく咲き揃いました

玄関先で柱に巻き付いた蔓に色鮮やかな花が目につきます





「スプーン一杯の魔法」

このところ生産性の低い毎日を過ごす

少し気温のこともあって外に出ないため

とりとめのないことに時間使っている

ガラスコップに レモネードをいれて

マドラーで「コリン」とたたく

すこしずつのみながら 何度もたたいて

その音階を楽しむ 昼下がりの 晴れた日

五月も最終週です 

いつもご覧いただき、ありがとうございます・これからも、よろしく


5月28日 ひるがお





5月28日 ひるがお

道端に昼顔の花が目につくようになりました

あさがおよりも少し小さく、名の通り日中に咲き、あさがおは朝のうちに、

よるがおは夜に咲く、分かりやすい名前にいつもなんとなくほっとさせられる








「スプーン一杯の魔法」

病院の診察予約が一番の都合で、朝食は薬を飲むために牛乳だけ飲んで出かけ

診察が終わってから、お気に入りの喫茶店でモーニングの形で摂っている

こうばしくトーストしたきつね色のパンに、バターをたっぷりはしっこまでつけ

この地方独特のあずき餡が付いたモーニングなので、そのあずき餡をのせて食べます

さらに、オレンジと小さなカップにヨーグルトが付いている

そのヨーグルトの上にはイチゴシロップでハートが描いてある

たあいのないことだけれどこれで朝の食事の気分が満たされるから不思議

最近騒々しくて、落ち着いた喫茶店が減った気がする

五月も最終週です 

いつもご覧いただき、ありがとうございます・これからも、よろしく


5月27日 ほおずきの花





5月27日 ほおずきの花

葉の陰に隠れて白い花が咲いています もうこの花が咲くということは

秋の準備をしているんですね・・・秋には真っ赤になるほおずきの実






「スプーン一杯の魔法」

そら豆をスーパーで見かけたので買ってきた

さやごと茹でて ゆげのたっているところ

ふかふかのさやからはずして

塩つけて つまみ食い

五月も最終週です 

いつもご覧いただき、ありがとうございます・これからも、よろしく

5月26日 イチョウ若葉





5月26日 イチョウ若葉

視界に入る緑が増えてきて、ふと目に留まったイチョウの若葉

じっくり見ていると、なんともう秋に黄色く色付く銀杏・・実ができている

まだかわいい姿ながら沢山実がついていることに季節の移り変わりの速さを改めて時間









「スプーン一杯の魔法」

最近目の前、数センチばかり見て

足をすくったり、人を陥れることに夢中

右も左も、傷つけあっている気がする

人の掟や約束事も大切ではあるけど

それだけで世の中成り立っては行けないのだから

偏り過ぎてはいないだろうか

青葉・目に染む五月です 

いつもご覧いただき、ありがとうございます・これからも、よろしく

5月25日 ぬいぐるみ





5月25日 ぬいぐるみ

ぬいぐるみといってもマスコットのような小さなぬいぐるみ

公園には人が集まるから、いろいろなものが落ちている

昨日の靴のほかにも、今日はかわいいぬいぐるみ

ある日突然主を失ったぬいぐるみ・・泥にまみれてかわいそう~

水場で洗って、乾くまで写真を写してみた

取り残された靴も、ぬいぐるみも

ことばが喋れたら 

遊んでくれてありがとうっていうかな・










「スプーン一杯の魔法」

人間や人生に起きることは 

ある意味で人生の素材だと思う

それを解釈する人の心によって

どんなにも変わるものなんですね

青葉・目に染む五月です 

いつもご覧いただき、ありがとうございます・これからも、よろしく


5月24日 かったぽの靴





5月24日 かったぽの靴

散歩の途中で道に落ちていた赤ちゃんの靴

その道の目立つところに濡れないようにビニールに入れてぶら下げておいたけど

しばらくたっても誰も手に取らない・・・・靴がかわいそうに思えた

少しだけ公園で遊んであげることに~そしてかわいくモデルさんになってもらいました









「スプーン一杯の魔法」

公園で気まぐれに靴と遊ぶ

ちっちゃな靴と 滑り台を滑る 歓声を上げる

ブランコに乗せて揺らす 落っこちそうになり慌てて止める

朝の人毛の少ない時間 少しシュールだったかも

青葉・目に染む五月です 

いつもご覧いただき、ありがとうございます・これからも、よろしく

5月23日 ルピナス 





5月23日 ルピナス 別名「ノボリフジ」

上向きの花房を「昇り」、密生する花をフジに見立てて名付け

散歩途中の空き家の庭に主を失っても群生して咲く姿に、思わず足を止めた

本来秋まきの一年草なのですが、ほかの花たちを駆逐して花畑になっていた





「スプーン一杯の魔法」

公園のブランコに腰かけて ぼぉ~と空を眺めていた

可愛い女の子がそばに来て ひとこと

大人はブランコに乗ってはダメなんだよっ

ほっぺを膨らませて 怒っている あぁあごめん・・ごめん

誰もいなかったから腰掛けちゃった

子供の遊び道具だからねってしかられた

母親らしき人が駆けてきて 慌てて子供を自分のそばに隠して

何かしましたか?って聞くから

いやぁあ・・大人がブランコ乗ってはダメって

叱られましたっていうと 恐縮して すいません・すいません~~

すると女の子は すかさず 大人は謝ってばかりなんだから~と

思わず女性と顔見合わせて大笑い

青葉・目に染む五月です 

いつもご覧いただき、ありがとうございます・これからも、よろしく


5月22日 ムラサキツユクサ





5月22日 ムラサキツユクサ

北米原産で、明治初年渡来だそうです 早朝に開き午後には閉じてしまいます

雄しべに紫色の毛が密生しています この毛が一列の細胞でできているので

細胞観察や働きを調べる実験材料としても有名ですね






「スプーン一杯の魔法」

イチゴシロップをつくる

できたてシロップを

ひかりにかざすと

とうめいな赤いかげ

青葉・目に染む五月です 

いつもご覧いただき、ありがとうございます・これからも、よろしく


5月21日 ねこの寝顔





5月21日 ねこの寝顔

久しぶりの一眼カメラテスト・スマホではあまり使わない筋肉がプルプル動きます(笑)

それにしても日溜りで寝る猫は気持ちよさそうです









「スプーン一杯の魔法」

ねこの写真撮っていたら、首筋に水滴

飛び上がるほどびっくり 

なんと前日に降った雨が

木の葉に残っていたのが落ちてきたのだ

のんびり寝ていた猫まで

びっくりして起き上がった

眠りの邪魔してごめんなさい

青葉・目に染む五月です 

いつもご覧いただき、ありがとうございます・これからも、よろしく


5月20日 薔薇の花 2




5月20日 薔薇の花 2

大輪の花が次々と咲き始めました あまり剪定ができなかった割には

花がしっかりついて、目を楽しませてくれます









「スプーン一杯の魔法」

日曜日だから

朝起きて直ぐ

あつい朝風呂にはいる

あつさに ぎゅっと

目をつむり

お湯とゆげとで

顔をぬぐって

目を覚ます

青葉・目に染む五月です 

いつもご覧いただき、ありがとうございます・これからも、よろしく


5月19日 忍冬(すいかずら)の花





5月19日 忍冬(すいかずら)の花

日本の山野や道端、藪などには蔓性のこの花が咲いています

最近は庭などに植えて柵に絡ませて咲かせているのを見かけます





「スプーン一杯の魔法」

プランター農園のいろいろな野菜の種類が増えた

アスパラ、いんげん、レタス、きゅうり、エンドウ、ブロッコリー

今日も朝摘みの野菜集めて サラダを作る

青葉・目に染む五月です 

いつもご覧いただき、ありがとうございます・これからも、よろしく


5月18日 フランスギク





5月18日 フランスギク

フランスギクは花も大きく見栄えも良いので園芸種と思われがちですが

れっきとした野の花で、あちこちに自生しています

ヨ-ロッパ原産で江戸末期観賞用に持ち込まれ

寒さに強く日本の冬を越せる事とその強い繁殖力で野生化しました

この花と花の形がそっくりで葉の形が異なるマーガレットと呼ばれる

園芸種の花があり、普段フランスギクを見てもマーガレットと思い込むことが多い

ややこしい事にはフランスギクも、かつてはマーガレットと呼ばれたことがあり複雑

フランスギクはフランス語でMargueritaeと呼ばれ、日本でもマーガレットと

呼ばれるようになり、今でもマーガレットと呼ぶ人もいます 






「スプーン一杯の魔法」

半袖の袖口から はいってきた風が

するっと胸を通って おなかまで ぬけていった

少しくすぐったくて 笑ってしまう

青葉・目に染む五月です 

いつもご覧いただき、ありがとうございます・これからも、よろしく


5月17日 アカシア(ニセアカシア)の花





5月17日 アカシア(ニセアカシア)の花

日本でアカシアといわれているもののほとんどが「ニセアカシア」だそうです

明治時代に渡来したそうです 本来のアカシアはオーストラリア原産で、花は黄色

日本には自生していないそうです 時々街路樹に植えられていたりします







「スプーン一杯の魔法」

隣り町の病院にゆくために 駅のホームに立つ

近づいてくる 初夏の列車の音を 聞く


青葉・目に染む五月です 

いつもご覧いただき、ありがとうございます・これからも、よろしく

5月16日 薔薇の花 1





5月16日 薔薇の花 1

薔薇の花の蕾がついて、暖かい晴れの日が増えて、つるバラが咲き始めました

次第に種類も増えて、大輪のつぼみも膨らんできたので、間もなく咲きます





「スプーン一杯の魔法」

知り合いの先生が新たに開院したので、隣り町の病院へ行く 

子供のころ乗った4両編成の電車に 久しぶりに乗った

当時よりも列車が新しくなっていて 女学生がたくさん乗っていた

線路のカタン~カタン、カタン~カタンという音が

ローカル線の旅の雰囲気で とても新鮮だった

見慣れない車窓にくぎ付けで 病院へ行くのが楽しく思えた

青葉・目に染む五月です 

いつもご覧いただき、ありがとうございます・これからも、よろしく


5月15日 現の証拠(ゲンノショウコ)





5月15日 現の証拠(ゲンノショウコ)

フロウソウ科の多年草 この草を煎じて飲むと効果があるところからついた名前

種子が熟して割れるとさやが神輿の屋根に似ているのでミコシグサともいわれます(最後の写真)

小さな花ですので、かがみこんでみないと良さがわからないから余計かわいい

「現の証拠」の名前について、山形県の民話を見付けました  

昔、便秘に悩んでいる人が猫の足に似た草を採って来て煎じて飲んでみたところ

便秘が治り、また下痢にも試したところ、やはり調子が良くなって

そこで、便秘や下痢に悩んでいる人に「ねこあし」を煎じて飲むように勧めました 

勧められた人は、半信半疑で、試してみるとお腹の調子が良くなったので皆は喜び

これぞ 「現の証拠ですね」 と言い、それ以来「ねこあし」の事を

「現の証拠」と呼ぶようになったそうです 







「スプーン一杯の魔法」

空を見上げると、いつも想像してしまう

少しずつからだがうかんで 足が宙にういている

10mくらいの空中を、浮いたまま近所を散歩する

足許に広がる景色は、実際はどんな風に見えるだろう~

青葉・目に染む五月です 

いつもご覧いただき、ありがとうございます・これからも、よろしく


5月14日 シロツメクサ





5月14日 シロツメクサ

道端や空き地でよく見かける花 ヨーロッパ原産

名前の由来は、江戸時代にガラスの器の詰め物として

この草の干し草を利用したことからだそうです
 




「スプーン一杯の魔法」

シロツメクサがたくさん咲いている 

近所の子供たちと遊びながら、花冠を作ったり

四葉のクローバーを探してみる

毎年見つける場所があって、ついつい探してしまう

青葉・目に染む五月です 

いつもご覧いただき、ありがとうございます・これからも、よろしく


5月13日 桐の花





5月13日 桐の花

葉が茂る前の梢の先に、淡い紫色の花がふんわりと集まって咲いています

花後に出るハート形の葉は、大きく「桐の葉」「桐の落ち葉」は古歌にも詠まれています

「しばらくは 桐の林の樹の蔭に 君を思うの やすみをめぐめ」 鳴海要吉





「スプーン一杯の魔法」

大きなつばの帽子を 手に入れ散歩

目の前をよぎる ツバメの行くへを見届ける

青葉・目に染む五月です 

いつもご覧いただき、ありがとうございます・これからも、よろしく


5月12日 コデマリの花





5月12日 コデマリの花

バラ科の落葉低木 枝の上に半球状の五弁の白い小花が集まって

手毬を乗せたような感じに咲くことから名がついたそうです





「スプーン一杯の魔法」

見慣れた景色の写真を撮る できるだけ

気にも留めないものを選んで

たとえば マンホール 散らかった机 駅の地下道

かなあみ 自分の足 横断歩道 つり革 など~

フレームに切り取ると いとおしく思えるものを

見つけて歩く・・・カメラ日和として

青葉・目に染む五月です 

いつもご覧いただき、ありがとうございます・これからも、よろしく


5月11日 若楓(わかかえで)




5月11日 若楓(わかかえで)

モミジ・・いわゆるカエデ科の植物の総称ですが、モミジというとあぁアあれねと

誰でも同じものをイメージするほどよく知られている木・その楓の若葉のことを

「若楓(わかかえで)」といいます





「スプーン一杯の魔法」

頭で考えるだけのことは 

何もしないのと同じこと

「感謝」を「行動」に

「感動」を「行動」に

「困難」を「欲望」に変えて

そして「行動」に結び付ける

何事も素早く実行することが

成功への方法だそうです

青葉・目に染む五月です 

いつもご覧いただき、ありがとうございます・これからも、よろしく


5月10日 薊(あざみ)





5月10日 薊(あざみ)

晩春から夏にかけて花を咲かせるキク科の「薊(あざみ)」は種類が多くて

オニアザミなど夏や秋に咲くものは、俳句では「夏薊」「秋薊」と

季節を冠し、区別して詠みます 花の形が化粧するときの眉刷毛に似てることから

「眉はき」「眉つくり」の名あがります

「まへうしろ愁いの雨の濃き薊」 原 裕





「スプーン一杯の魔法」

女友達とお茶しながら 話をした

印象的だったのが 大人の女は

人前で泣けない 泣くとクセになる

人前で一度泣いたら クセになってしまう~

そんなものなんだ・・・と

青葉・目に染む五月です 

いつもご覧いただき、ありがとうございます・これからも、よろしく


5月9日 リラの花





5月9日 リラの花

英名 ライラック 仏名 リラ

この花を始めて見たのは、札幌でオートバイ一人旅の折に見たのが始まりで

思い出とともに見つけると懐かしく昔がよみがえります





「スプーン一杯の魔法」

ミント飴を貰う 口の中に入れると

からだじゅうに

5月のさわやかな風が 吹いたような気がする

思い切り深呼吸したくなる

青葉・目に染む五月です 

いつもご覧いただき、ありがとうございます・これからも、よろしく


5月8日 ジキタリス





5月8日 ジキタリス

この花は例年なら6~7月頃に咲く花 もう咲いていたびっくり

今年の花はみな早く咲きますね

ヨーロッパ原産の花元々は強心剤を作る目的の薬草でした





「スプーン一杯の魔法」

気温があがったので

いろいろなフルーツで

シャーベットを作ってみた

色々な色が美しい

青葉・目に染む五月です 

いつもご覧いただき、ありがとうございます・これからも、よろしく


5月7日 ハンカチの木の花




5月7日 ハンカチの木の花

今年はいまだホームグラウンドにしている植物園に出かけられないので

リハビリかねて近くの公園を歩いて散歩に出かけていますが

意外と知らない場所に植物園でしか見なかった花が咲いていて感動





「スプーン一杯の魔法」

新緑の中で 葉っぱになったつもりで

午前中の太陽のひかりをあびる

光合成するつもりで・・・

ゆっくりと胸膨らませ

大量に酸素を吸う


青葉・目に染む五月です 

いつもご覧いただき、ありがとうございます・これからも、よろしく


5月6日 ヒトツバダコ





5月6日 ヒトツバダコ

モクセイ科ヒトツバタゴ属の落葉高木で、高さ20メートルにもなります

タゴとはトネリコの別名で、トネリコは複葉なのに対して

これは単葉なので「一つ葉のトネリコ」という意味で

「ヒトツバタゴ」の名前がついたのですが

別名はナンジャモンジャノキ「ナンジャモンジャ」と呼ばれる植物は、いろいろあります

ヒトツバタゴのほかにニレ、イヌザクラ、ボダイジュなどがあります

深く4つに裂けた白い花を咲かせ、花の盛り時期はとても見事です

その姿はよく「木がまるで白い雪に覆われたような美しい姿」と表現され

この時期になると新聞や地元テレビなどに取り上げられるのを見かけますね

雌雄異株ですが、雌花のみをつける株はなく、雄花をつける株と

両性花をつける株がある雄株・両性花異株なのが特徴です









「スプーン一杯の魔法」

小さな子と 対等に話をする

小さな子供と話す 大人っぽく

青葉・目に染む五月です 

いつもご覧いただき、ありがとうございます・これからも、よろしく


5月5日 雛罌粟(ひなげし)





5月5日 雛罌粟(ひなげし)

江戸時代に渡来したヨーロッパ原産の花 和名を虞美人草

最近は少し大型のポピーが多く栽培されていますがたまに里山で

野生化した花を見つけて、その風情に見入ることがありますが

最近は町の中の歩道にも咲いてたりする





「スプーン一杯の魔法」

愛よりも 食べ物がほしい

愛よりも 水がほしい

愛なんかよりも お金が欲しい

家が欲しい 高級車がほしい

愛がなくても 人は幸せに 

生きられる

この世で 自分が

たった一人だって 気づくまでは

遠い子供のころの日記・生意気だったな

青葉・目に染む五月です 

いつもご覧いただき、ありがとうございます・これからも、よろしく


5月4日 紫蘭





5月4日 紫蘭

観賞用として庭に栽培されている家が増えて、散歩のときに目にするようになった

地中の似球茎は白及根と呼ばれ、薬用にされます、また、粘りがあるので

七宝細工の接着剤としても使われるそうです





「スプーン一杯の魔法」

容姿も平凡だけど 血液型も 平凡なO型

きっと人生も 平凡なんだろうと 子供心に思った

所が、母がなくなり、郵政省のお役人の父は

定期的に引っ越し移動 留守が多い

そんなある日 留守番中に大病にかかる

顔も血液型も 平凡でいいから

神さま 長生きさせてくださいと 本気で祈った

青葉・目に染む五月です 

いつもご覧いただき、ありがとうございます・これからも、よろしく


5月3日 ジャスミン





5月3日 ジャスミン

我が家の壁一面に、甘い香りの真っ白な花が咲き誇っています

中國では花茶にするそうですが、いかにも女性が好みそうな香りです





「スプーン一杯の魔法」

あかちゃんが そっと手を伸ばしてきた

はじめて まだ何も知らない人の 手を握る

生れて一か月、まだ家族以外の人に

触れたことがないという

人の手のぬくもりをはじめて知った日

最高の笑顔で 周囲にしあわせをまきました

青葉・目に染む五月です 

いつもご覧いただき、ありがとうございます・これからも、よろしく


5月2日 すずらん





5月2日 すずらん
庭のドイツスズラン、昨日までの蕾が、今朝見たらすっかり花を広げていました

今年も無事に咲いてくれてとても心がポカポカと暖かくなる

時折病院に、航空会社のスチュワーデスさんが見舞いの花として持ってくるのを

見かけたりするので、なんとなく私にも見舞ってくれたような気がする





「スプーン一杯の魔法」

まよったら わたしのなかにいる

ちいさな こどものわたしに

「どうするのがたのしい?」

「なにがすき?」

じっとまつと 不思議と答えが見つかる


青葉・目に染む五月です 

いつもご覧いただき、ありがとうございます・これからも、よろしく