my Favorites photo

言葉に出来ない、言葉にしきれない、感動の瞬間を逃したらもう出会えない,そんな思いこみ写真

三椏の花(みつまたのはな) 

 |





三椏の花(みつまたのはな)

ようやく長い蕾が少しずつ花開いてきました
科名:ジンチョウゲ科 学名:Edgeworthia chrysantha
中国原産で、冬に葉を落とす落葉性の低木です
枝が三つ叉に分かれるところから「ミツマタ」と言いますが
見た目そのままで非常に説得力があり覚えやすい名前
和紙の原料としてよく知られるのですが
樹形のまとまりがよくて花もきれいなので
庭木や鉢花、盆栽などで栽培されます
早春に小さな花を半球状にまとまって咲かせて芳香を放ちます
花びらに見える部分は筒状の萼で、実際は花びらがありません
花は下向きに咲き、ちっちゃな蜂の巣のような雰囲気があります
色は外側が白で内側が黄色になり、園芸品種のベニバナミツマタは
花の内側が赤色になって更に目立ちます
開花時期はまだ葉っぱが出ておらず、花が葉っぱで隠れないので
樹全体が色づいたようになり、キレイです











あすから4月ですので課題が変わります

4月の課題は・・・
「色」
基本的に桜の季節ですから「サクラ色」ですが四月で一番多いのは「紫」
色々なもので紫が目につきます~~ただこだわると難しくなるので
色の目立つ画像なら何色でもよいことに・・黄色でも緑でも~
何色でもいいから色にこだわってみてください

 課題画像掲示板
 


スポンサーサイト
20:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit

香嵐渓で見つけた花たち 

 |






香嵐渓で見つけた花たち

先週出かけた香嵐渓で、カタクリの花たち以外に出会った花です
花の名前分かるかな?
足元には意外にたくさんの花たちが人目に触れず
そっと春を謳歌していました
カタクリの花はもっと素敵なのがありました、写真にして持って行きます




















おまけ~~顔に見えるかな?













画像掲示板の課題 

まもなく4月ですので課題が変わります

4月の課題は・・・
「色」
基本的に桜の季節ですから「サクラ色」ですが四月で一番多いのは「紫」
色々なもので紫が目につきます~~ただこだわると難しくなるので
色の目立つ画像なら何色でもよいことに・・黄色でも緑でも~
何色でもいいから色にこだわってみてください

 課題画像掲示板
 



20:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit

沈丁花(じんちょうげ)  

 |





沈丁花(じんちょうげ)

アップしたつもりになって忘れていました
長い間硬い蕾のままだった沈丁花も
ようやく花びらがほころび始めたのは今月初め
今甘い香りがわが家周辺にまで漂っています
この花は、沈香(じんこう)と、丁子(ちょうじ)の香りを
あわせもつ花として、日本でつけられた名前です
呼び名もチンチョウゲをいう人もいますが正式にはジンチョウゲといいます
日本人は漢字を重んじる割には、読み方はいい加減なところがあります(笑)
チンでもジンでも字があってればいいという考え方のようです
外国人が読み方の違いで大変苦労するのそのためですね
漢名では瑞香、睡香、あるいは遠くまで香るという意味から
七里香や千里香とも呼ばれています
学名でも「芳香のある」という意味からダフネ・オドラと命名されました
香りが強すぎるので、茶事や生け花の世界では嫌忌されて
使用が差し控えられるほどです
花の姿を見るより先に匂いで知れるため、秋の金木犀(キンモクセイ)と同様に
春の到来を告げる香りとして人々の記憶にも刻まれてきました
秋の憂いや哀愁を感じさせる金木犀に対して
春宵に漂う沈丁花の香りは心躍るような瑞兆を感じさせる香りです

俳句の季語(丁字、沈丁、瑞香)にもなっています
「沈丁の香にひたりゐて過去は過去」 上村占魚
「ぬか雨にぬるゝ丁子の香なりけり」 久保田万太郎







画像掲示板の課題 

まもなく4月ですので課題が変わります

4月の課題は・・・
「色」
基本的に桜の季節ですから「サクラ色」ですが四月で一番多いのは「紫」
色々なもので紫が目につきます~~ただこだわると難しくなるので
色の目立つ画像なら何色でもよいことに・・黄色でも緑でも~
何色でもいいから色にこだわってみてください

 課題画像掲示板
 


19:59 |  trackback: -- | comment: -- | edit

カタクリの花 4(白花) 

 |





カタクリの花 4(白花)

カタクリの花は一般的に紫色が主ですが・
突然変異から生まれた白いカタクリの花も咲きます
見た目の違いは花ばかりではなくて茎も葉にも表れます
花は当然ですが白色で咲き、茎も紫の花は茶色
そして何より葉っぱに大きな特徴があります
紫の花の方は葉に斑が入りますが白花の方は斑がありません
この特徴を知っていると、花が咲く前に白花の存在を確認できます
年々カタクリの分布が広がるにつれて白花も増えています
又白花以外にも西洋カタクリの花は黄色です
また別の機会に黄色のカタクリはアップします




















画像掲示板の課題 

3月の課題は・・・
「春らしいもの」

 課題画像掲示板
 


20:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit

カタクリの花 3(つぼみ編)  

 |





カタクリの花 3(つぼみ編)

蕾というか花びらにこだわって写したものを~
花が開く時花弁はそれぞれが意思のあるような雰囲気で・・
思い思いの方向から花びらが開きだします
そして花が開ききって日が落ちるとまた閉じますが
翌日にはさらに花びらが大きく変化します
花弁が閉じずに開いたままになり・・・
陽が昇るにつれて外へそとへとまるまってきます
そんな花たちを集めてみました




















画像掲示板の課題 

3月の課題は・・・
「春らしいもの」


 課題画像掲示板
 


20:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit

カタクリの花 2 

 |




カタクリの花 2

昨日に続いてカタクリの花ですが・・かなりの枚数テーマ別に写してきたので
整理がついてないので・とりあえず前の方から写した分をアップします
またゆっくり整理して後日アップします




















淳ちゃん、健一くん、ななこちゃん・・お熱下がったかな?
彩さん・・手術はその後順調ですか?
近いうちに一度みんなの顔見に行きます・・・
写真持って行くからね~よい子でいてね~・


画像掲示板の課題 

3月の課題は・・・
「春らしいもの」


 課題画像掲示板
 

20:27 |  trackback: -- | comment: -- | edit

カタクリの花 1 

 |





けんくん、さよりちゃん、みどりちゃん・
おまたせ~大好きなカタクリの花たちです
日曜にカタクリの花見てきましたよ・・沢山咲いてましたよ・・・
仕事が忙しくて遅くなりましたが、今日と明日アップします



カタクリの花 1

ひさしぶりにブログ仲間が集まって、香嵐渓のカタクリの花を見てきました
昨年よりも開花が少しはやくて、ちょうど見ごろに休日が重なって
花が一番美しい時期に出会えました

香嵐渓にお婆ちゃんやおじいちゃんがいた子供のころは
かたくりの花は少し小高い山を登って少し開けた斜面に
ひっそりと咲いていて、今ほど人も見に来なかった
むしろ自分だけの密かな楽しみの場所でした
一つ一つは可憐ですが、ある一定量を超えると
呪術めいた迫力を帯びてくる気がする
カタクリたちは、自分たちで地表を覆い尽くそうと
壮大な野心を持っているようだ
見渡す限りのカタクリの花を見ていると、幻を見ているようで
ついつい立ち止まってしまうのは今も昔も変わらないようだ
山から染み出した水がせせらぎを作り、この水がカタクリを
生みだしたことに間違いはないようだ

明日もカタクリの花が続きますがお付き合いくださいね

























画像掲示板の課題 

3月の課題は・・・
「春らしいもの」


 課題画像掲示板
 



20:20 |  trackback: -- | comment: -- | edit

ポピーとミツバチ 

 |





ポピーとミツバチ

気温があがって虫たちも活発に
花の蜜や花粉を求めて外に出ています
丁度ポピーの花に群がるミツバチに出会えました
取り留めもなく写してきました
先週末から今週初めは夜間撮影で忙しくて~
花の写真を仕事先に持参し忘れ、移動先から予約投稿の
準備不足になってしまって、仕方なく急きょ虫になりました
忙しくミツバチが動き回る姿見てるとなんだか
自分の仕事の進み具合がとてものんびりに見えてくるから不思議
少し鋭気をもらったようで、残り仕事も順調に終わりました


















おまけ・・・梅に鶯ならぬ~梅にミツバチ




画像掲示板の課題 

3月の課題は・・・
「春らしいもの」


 課題画像掲示板 



19:44 |  trackback: -- | comment: -- | edit

繁縷(はこべ)の花 

 |






繁縷(はこべ)の花

ナデシコ科の1・2年草で春の七草のひとつ
野原、畑、路傍などどこにでも見かけ
冬のうちも浅緑色を保っています
10cmほども茎は地をはい
3~4月に白い小さな五弁の花を咲かせます
花は朝日とともに開き始めて、閉じている花びらが
開きながら重なりがほどける途中に見かけると~
まるで花弁がハートの形をした花のように見える
とても上品で愛らしい花で好きな草の一つ
子供のころは小鳥のえさなどにもして親しんだ花です
名前の由来は、万葉集にある「波久培良(ハクベラ)」から
「ハコベラ」になり、「ハコベ」に転訛したものというのが一般的です。
ただ、「ハクベラ」の名の由来はよくわかっていないようです
また、ハクは「布(ぬのきれ)」を意味し
ベラは古い言葉で「群がる」を意味するそうで
小さな葉が群がる様子から「ハクベラ」となったという説もあります。
漢字名の「繁縷(ハンロウ)」は、生薬の名で利尿効果があるとされています
決定的な説はわかっていないようです

俳句の世界でも、春の季語になるほど身近にある花です

「朝はまだ素直な心はこべ萌え」 船迫 たか
「掌をひらけばこぼる花はこべ」 杉田りゆう
















画像掲示板の課題 

3月の課題は・・・
「春らしいもの」


 課題画像掲示板 


20:30 |  trackback: -- | comment: -- | edit

洲浜草(スハマソウ)  

 |





洲浜草(スハマソウ)

学名:Hepatica nobilis var. japonica f. variegata
キンポウゲ科 ミスミソウ属の多年草
本州(東北、関東)の太平洋側と四国に分布し、山地の日陰に生える
雪割草(ユキワリソウ)と呼ばれるもののなかまです
早春に花茎を伸ばして雪を割るようにして咲き出すことからつけられた名
雪割草(ユキワリソウ)の原種は、日本に自生する三角草(ミスミソウ)
大三角草(オオスミソウ)、洲浜草(スハマソウ)
毛洲浜草(ケスハマソウ)の4種のほか、海外に9種ほどあるそうです
各種の交配によって、色鮮やかで豪華な園芸品種がたくさん生まれています
洲浜草(スハマソウ)は草丈が10センチから20センチくらいで
根際から生える葉は三角形で、浅く3つに裂け、先は円い形をしています
花色は白が基本ですが、ピンク、ブルー、薄紫など多彩です
また、花弁のように見えるのは萼片ですが
萼片の数には幅があり、6枚から15枚くらいまだ多彩
三角草(ミスミソウ)は、三つに裂けた葉の角が尖っていて
洲浜草(スハマソウ)は、葉の角が丸くなっている特徴なので
見分ける際の参考にしてください
和名の由来は、葉の角が丸くなっているのを
「洲浜」(弧状になった砂浜)に見立てたものだそうです。

俳句の季語(「洲浜草」「雪割草」「三角草」)出春の季語にもなっています
「洲浜草鞍馬はけふも雪降ると」 後藤比奈夫
「峡の日のまなこに痛き雪割草」 宇咲冬男
「雪を割り雪を纏はず三角草」 稲畑汀子










画像掲示板の課題 

3月の課題は・・・
「春らしいもの」


 課題画像掲示板 



20:41 |  trackback: -- | comment: -- | edit

クロッカス 

 |






クロッカス

科名:アヤメ科 属名:クロッカス属 学名:Crocus
別名:花サフラン・春サフラン
秋に植えた球根から、2~3月になると
葉とともに短い花茎を立てて、六弁のカップ型の花を咲かせます
昨日まで気配のなかった芝生に、次の朝突然花が咲いていたりします
ヨーロッパ原産の花で、色は紫、黄、白などが定番ですが
最近はさらに複雑ながらのものもあって春の庭が活気づきます
朝日があたると花が開き陽が落ちる夕方に花を閉じます
春咲きをクロッカス、秋咲きをサフランと園芸上では分けています
太陽が大好きな花で、いつも空を眺めて、日陰では育たない花です

この花も、俳句の季語になっています
「日が射してもうクロッカスの咲く時分」 高野素十
「クロッカス倖せといふ日の射して」 玉木春夫




















画像掲示板の課題 

3月の課題は・・・
「春らしいもの」


 課題画像掲示板 


20:26 |  trackback: -- | comment: -- | edit

土筆(つくし) 

 |



申し訳ありんせん・・一部画像が表示されなくて見られないとご指摘いただき
改めて別な画像に刺し替えました・ご迷惑おかけしました





土筆(つくし)

科目 トクサ科 学名 Equisetum arvense
形を筆に見立てて、土から生えているようなので土筆と書きます
勢い良く生えることから「突く子」という説と
スギナ近くに「付く子」という名の説があります
春に先駆けて姿を現し、繁殖のために胞子を飛ばして枯れます
円柱状で淡褐色の茎の格節には、「はかま」よばれる
退化した葉がついていて、先端の頭部に胞子があります
葉緑素がないので、栄養素は地下でつながっている
スギナからもらいます
はかまをとり、あえ物などにすると、ほろ苦い風味が楽しめて
春の食卓に出てきます、天ぷらや卵との和え物、つくだ煮など

土筆摘みは、春の代表的な野遊びで俳句に沢山詠まれています

「つくづくしここらに寺の跡もり」 千代女
「つくしんぼ影をちひさく出にけり」 かたぎり夏実
「風のなか願ふことありつくし摘む」城間信子




















画像掲示板の課題 

3月の課題は・・・
「春らしいもの」

 課題画像掲示板 

20:30 |  trackback: -- | comment: -- | edit

菜の花 

 |






菜の花

夕景の中、一面の菜の花畑が広がる大地
郷愁を誘う光景がテレビで伝えられます
ひと足早い温暖な地方では、黄色一色です
もともと「な」とは副食のことをいい
「菜」「魚」「肴」の字をあてていました
菜の花は古くから日本で栽培されてきた「油菜」のことで
種から菜種油を採るので「菜種」ともいいます
現在では大半が西洋油葉に代わられ、在来の油菜の栽培が減り
菜の花畑自体も少なくなって、かわりに公園や河川敷きや軒先
観光農園などで花菜が植えられています
また、豊臣秀吉の時代から切り花として用いられ
蕾が食用となったのは戦後のことです

「菜の花や月は東に日は西に」 与謝野蕪村
「菜の花」の句を詠んだ蕪村、ことのほか好きだったようです
この句は俳句に興味のない方でも一度は聞いたことがあるほど有名ですが
ほかにも・・・・・
「行き行けど菜の花の黄の地平線」 藤 丹青
「菜の花がしあはせさうに黄色して」 細見綾子
「菜の花の暮れてなほある水明り」 長谷川素逝










新しい画像掲示板を作りました
花がメインのブログですので、それ以外の写真も見たいと言われてるので
折角だから皆さまともっと写真のお付き合いをしたくて
毎月一回「課題」を決めて、課題に合う写真を皆様に投稿していただき
コメントし合えれば楽しいかとな企画しました
カメラ写真は、携帯から一眼まで何でも構いません、うまい下手関係なしです
皆様と楽しめることを主眼にしていますので・・そして月内であれば何枚でもOK
できるだけ新しいものがいいのですが最初のうちは在庫写真からでもかまいません
アダルト関係や人の迷惑にならないものでお願いいたします

画像掲示板の課題 

<3月は">「春らしいもの>

アドレスは・・↓次の通りです

 課題画像掲示板 
20:30 |  trackback: -- | comment: -- | edit

レンテンローズ 

 |





レンテンローズ

一般名:レンテンローズ(Lenten rose)
学名:Helleborus orientalis(ヘレボラス・オリエンタリス)
別名:ヘレボラス・オリエンタリス(Helleborus orientalis)
春咲きクリスマスローズ(Christmas rose)
科属名:キンポウゲ科クリスマスローズ属  耐寒性常緑多年草
原産地:ギリシャ、トルコ

日本で見られるヘレボラス(Helleborus) は
ニガー種(niger)と、オリエンタリス種(orientalis)です
特に、ヘラボラス・オリエンタリス(Helleborus orientalis) を指して
レンテンローズ(Lenten rose)と呼んでいます。
どちらも同じヘレボラスなのでよく似ています
レンテンローズ(Lenten rose)という名前は
キリスト教のアッシュ・ウェンデー(Ash Wednesday:聖灰水曜日)から
イースター(Easter:復活祭)までの期間である
レント(Lent:キリスト教の四旬節)に咲くことから付けられました
花のように見えるものは、萼(ガク)で、実際の花は中心部にある線状のもの
クリスマスローズ(Christmas rose、Xmas rose)と間違えられることが多いですが
両者共にキンポウゲ科クリスマスローズ属の多年草です
クリスマスローズは、クリスマス時期に咲くヘレボルス・ニゲルのことを指し
花色(萼弁色)が白で、冬咲きです
レンテンローズは花色(萼弁色)が赤や桃、白、緑色などの園芸種が作られていて
花色が豊富で、初春(2~3月)に開花する春咲きの花
クリスマスローズは草丈が30cm以下と低いのに対して
このレンテンローズは40~60cmと草丈が高いという違いが見分けるコツです














これから下・・クリスマスローズ







画像掲示板の課題 
3月は「春らしいもの」


アドレスは・・↓次の通りです

 課題画像掲示板 
09:32 |  trackback: -- | comment: -- | edit

スノードロップ  

 |






スノードロップ

小さな球根から草丈15cm、花径2cmほどの小さな花を咲かせます
別名 待雪草(まつゆきそう)、雪の花(ゆきのはな)、ガランサス
科目 ヒガンバナ科 学名 Galanthus 原産地:ヨーロッパ~コーカサス山脈
ヨーロッパからコーカサス山脈に約10種が分布するそうです
球根植物ですので秋に球根を植え付けると、毎年忘れずに花を咲かせてくれます
冬に芽を出して、この時期に花を咲かせます
葉っぱが出ている時期は冬から初夏と意外に短い期間です
ヨーロッパでは古くから親しまれており宗教との関わりが深く
神話や伝説が多く残る植物で、キリスト教の2月2日の聖燭節(キャンドルマス)の花

竹下夢二 「海浜哀歌」より・・
「窓により編み物をする我が少女(おとめ)ものやおもえるスノウドロップ・・」

竹下夢二 「ゆびきり」から・・・
「指をむすび マリアさま ゆめゆめ うそはいいませぬ
おさなききみは かくいいて 涙うかべぬ しみじみと
雨は ふたりのうえにふる。 また スノウドロップの花弁に。」 










画像掲示板の課題 

今月3月の課題は・・・
「春らしいもの」

アドレスは・・↓

 課題画像掲示板 


20:07 |  trackback: -- | comment: -- | edit

あかねこやなぎ その後  

 |






あかねこやなぎ その後

先日猫柳の中でもアップした・あかねこやなぎが満開になっていました
園芸品種で、「あかねこやなぎ」「ピンクねこやなぎ」と
園芸店では名付けら売られてもいます
銀色の穂が特徴の猫柳の中で、ピンクというよりも赤に近い穂
鮮やかでもこもこしていてとても可愛い
ちっちゃな女の子が穂を一つ大事そうに握りしめて持ってゆきました










画像掲示板の課題 

今月3月の課題は・・・
「春らしいもの」

アドレスは・・↓

 課題画像掲示板 

20:27 |  trackback: -- | comment: -- | edit

ふきのとう 

 |






蕗の薹(ふきのとう)

まだ雪の残る早春、土の中から春を告げるかのように
ちょこんと顔をのぞかせる「蕗の薹」
一般的には2月頃から顔出し中旬には花を咲かせますが
我が地方の植物園では、やっと今顔を出して存在を示しています
「蕗」は「冬黄(ふき)」の略称で、冬に黄色の花をつけることから
この名前がついたそうです
「蕗」はキク科の多年草で、山や野原などいたるところで見ましたが
最近は都市化でその数も少なくなっています
淡い緑と萌黄色の花芽は、小さな蕾が集まって丸い玉のような
株の周りを葉が幾重にも覆っています
開花前の柔らかな蕾を摘み取り、蕗味噌や煮浸し、てんぷらなどにして
たべますが、この時期になるとスーパーなどでも売られています
ほろ苦い味と風味を楽しむ春の味覚は、人だけではなく
冬眠から覚めたクマが最初に口にするとか~
最近は冬眠しない熊も増えているとか
花が咲いた後、大きくのびた蕗の葉柄(ようへい)も山菜として
食べられているそうですが・・俳句の季語では
食用の「蕗」と同じく夏の季語にもなっています










新しい画像掲示板を作りました
毎月「課題」を決めますので、皆様の課題に合う写真を掲示板にはりつけていただけたら幸いです
カメラ写真は、携帯から一眼まで何でも構いません、うまい下手関係なしです
皆様と楽しめることを主眼にしていますので・・そして何枚でもあれば貼り付けてください
アドレスは・・次の通りです↓


課題画像掲示板


20:27 |  trackback: -- | comment: -- | edit

おおいぬのふぐり 

 |





おおいぬのふぐり

ゴマノハグサ科 学名 Veronica persica ヨーロッパ原産
春先の地面をいち早く、瑠璃色に覆い尽くす小さな花
日本中どこででも見られるので、すっかりおなじみですね
しかし、この花は、明治時代にやってきた帰化植物なのです
旺盛な繁殖力で、瞬く間に全国に広がりました
それにしても名前が~~?ですよね
もともと日本には、犬陰嚢(いぬふぐり)という花があって
それよりも大きいことから大犬陰嚢(おおいぬふぐり)となったそうです
繁殖力に負けて、最近ではほとんど見かけなくなったイヌフグリ
可愛い花に目が行きますが、実はその後にできる実について
昔の人たちは注目していました、その実の形が犬の陰嚢に似ているのです
この花にふさわしい名前をということでいくつか試みられていますが
例えば、天人唐草(てんじんからくさ)、瑠璃唐草(るりからくさ)
瑠璃鍬形(るりくわがた)、星の瞳など~しかしどれも定着しません
なにしろ一度知ってしまったら忘れられないインパクトのある名前
古語とはいえ人前で口にするのもないまま残り続けそうですね(笑)
花言葉は、「信頼」「神聖」「清らか」「忠実」












3月もまだ予約投稿になってしまいますが
もう少しだけお返事できないままですが、よろしくお付き合いください

それから・・新しい画像掲示板を作りました
毎月「課題」を決めますので、皆様の課題に合う写真を掲示板にはりつけていただけたら幸いです
カメラ写真は、携帯から一眼まで何でも構いません、うまい下手関係なしです
皆様と楽しめることを主眼にしていますので・・そして何枚でもあれば貼り付けてください
アドレスは・・次の通りです

課題画像掲示板 





20:30 |  trackback: -- | comment: -- | edit